パドヴァ、イタリアの町

イタリアの町「パドヴァ」

新しい記事

パドヴァの魅力に迫る

おすすめの記事

リンク

サイト説明

パドヴァ、イタリアの町

パドヴァ

パドヴァ(パドヴァ、ヴェネト語:Padoa)、経済(イタリアのヴェネトの都市のコミュニケーション)の
ハブ地で、パドヴァ県の県中心地です。都市は時々ベニスを含むパドヴァ=ベニス都市部に含まれて
およそ1,600,000の人口のスケールになります。

そこで、バッキリョーネ川の隆起のパドヴァで、ベニス(ヴィチェンツァの29kmの南東)の西に
40km位置します。またパドヴァ市の中を流れたブレンタ川は、都市の北地区をかすって流れている。
農業は、ベニス平野で遂行されます。パドヴァの南西に、マルクス・アンナエウス・ルカヌス
マルティ・アリス、ペトラルカ、ウーゴ・フォスコロ、パルシー教ビッシュ・シェリーその他が
称賛したエウガネイ丘陵は、開きます。

かつて大きなコムーネ・オープンスペースと古い城の壁から行くアーケードがあって
群がったネットワークのまわりで、濠のように囲んだバッキリョーネ川の多くの支線に
多くの橋は掛けられます。

名所
パードヴァのドゥオーモ(大教会堂diパドヴァ)
ルネッサンス・スタイルの市役所は、始めに、ラジ・オーネ宮殿(宮殿della Ragione)で
13世紀終わりました。

植物園が、オース・ボタ・ニコ ― パドヴァ大学 ― にありました。ユネスコ界遺産。
copyright(C)イタリアの町「パドヴァ」