楽器の評価

イタリアの町「パドヴァ」

新しい記事

パドヴァの魅力に迫る

おすすめの記事

リンク

サイト説明

楽器の評価

生きている間、ピアノは評価されました。そして、クリストフォリはピアノの製造によって
称賛されるようでした。彼の死の時に、Medicisの宮中のテオルボ・プレーヤーであった
ニッコーロ・スズィエと呼ばれている人は、以下の通りに日記でそれを書きとめます。

それは、1,731年間の第27[1月]です。バルトロメオ・クリソファニ、もう一つの名前
バルトロ・パドヴァーノは死にます。それは、最も高貴なフェルディナンドに主の仕えた
鍵盤楽器の優れた作品であった有名な楽器製造の人でした。
そのうえ、ピアノフォルテを発明しました。
そして、この楽器はヨーロッパ中でその時知られていました。
そして、彼はポルトガルの陛下王のために楽器を製造しました。
そして、陛下はこの楽器に200個のルイス金貨を払いました。81才で死んだと言われます。

クリストフォリ・バルトロメオ、パドヴァ出生、フローレンス死。上級の修復者は、現状のまま
有名なハープシコード(より多くの前の専門家の優れた楽器)で作られる作家の扱いがうまいです。
ハンマー付きのハープシコードの発明者です。
この楽器はハンマーでストリングを打ちました。そして、見えない全く新しい楽器の内部構造で異なる品質の
サウンドをした者は保護者(外側からトスカーナ大公子供フェルディナンド・デ・メディチ)が
再び大公コジモ3番目の子供に賛成のにこれらの優れた楽器を製造しました。
copyright(C)イタリアの町「パドヴァ」